施工の流れ

排水管更生1日で施工可能に!施工の流れはこちら

P・C・Gマルチライナー工法ならたった1日で施工ができる

最新の技術と機材、確かな経験を活かした迅速な対応、近隣の方々への配慮も忘れないきめ細やかなサービスで、お客様の生活をサポートします。ここでは施工の流れの一例をご紹介します。

排水管施工の1日の流れ

事前調査(前日までに実施します)
施工前に、現地へお伺いし事前調査を行います。該当の排水管の現状や腐食の状況などを確認し、既存の設備状態が施工内容に適しているか調査。実際に施工可能かどうかを決定します。この際、気になる点やご不明点などがあればご遠慮なくお尋ねください。
8:30 準備作業
キズや汚れがつかないよう、ナイロンシートでしっかりと養生します。必要に応じて設備を改良して、研磨材や樹脂などの投入口を作ります。
9:30 洗浄
当社が独自に開発した、防音型のジェット洗浄車で排水管内に付着した汚れやサビを洗浄します。次にタービンカッター、吸引式旋回サンド洗浄にて研磨して、研磨後はライニングを実施できる状態かどうかを検査します。
11:30 FRPライニング
本管のFRPライニングを実施します。エポキシ樹脂を含浸させたガラス繊維ライナー「P・C・Gタフネスクロス」を本管に反転挿入し、硬化させて既設排水管の中に自立FRP管を作ります。
12:30 枝管分岐部の加工
自立FRP管形成後、ふさいでしまった本管から分かれる枝管との分岐部をロボット施工により穴空け加工します。
13:30 パラシュートライニング
枝管のパラシュートライニングを実施します。ガラスフレーク入りのエポキシ樹脂「P・C・Gコートタフネス」を用いて、パラシュートと付属の3つのボールにて管内を2重にライニングします。
14:30 乾燥
パラシュートライニングを実施した枝管を乾燥させます。
15:00 検査
枝管のエポキシ樹脂が完全に乾燥しているかを測定し、その後TVモニター映像を確認し、本管・枝管の検査を行います。
16:00 復旧・通水検査
検査に問題がなければ、設備を撤去します。各排水管の通水テストを行い、水漏れなどがないかをチェック。通水テストで問題なければ、養生を撤去し、作業終了です。
17:30 作業終了、アフターフォロー
安心の20年保証をお付けしていますので、何かあった際は遠慮なくご連絡ください。

大進総業株式会社

埼玉県新座市馬場2-6-3
営業時間 : 8:30~18:00 ⁄ 定休日 : 日・祝日

Copyright © 安心の20年保証!排水管更生の大革命!!ライニング工法.jp All Rights Reserved.